×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

内容証明郵便,公正証書指南書[全国版]
内容証明文書の書き方や公正証書の作成手続きを徹底解説!
スポンサーリンク

再度証明・閲覧とは


 郵便局から内容証明郵便をしたあと、再度証明や閲覧というサービスを利用することが出来ます。

閲覧


 郵便局は、内容証明郵便を5年間保存しなければなりません。そして、その期間内であれば、差し出した郵便局に行き、差し出した内容証明郵便を閲覧することが出来ます。内容証明郵便を紛失した際などに、活用できます。
 ただし、@差出人本人であること、A差出時に受け取った書留郵便受領証が必要となります。

再度証明


 郵便局で内容証明郵便が保存される5年間であれば、差し出した郵便局で内容証明を閲覧し、同じものを作成し、再び郵便局へ持っていくと、その作成した文書を内容証明郵便として差し出されたものと証明してくれます。これが、『再度証明』です。内容証明郵便を紛失した場合などに利用できるサービスです。
 再度証明には、@差出人本人が行くことと、A差出時に受け取った書留郵便物受領証が必要となります。

内容証明郵便・公正証書作成サポート・無料相談 内容証明郵便・公正証書作成サポート・無料相談 内容証明郵便・公正証書作成サポート・無料相談
全国対応・実績多数!

スポンサーリンク

INDEX・ナビ


 公正証書作成


 内容証明郵便


 全国の公証役場案内


 24時まで内容証明郵便業務をしている郵便窓口の案内

※ 近日公開
スポンサーリンク

ラプラージュ綜合法務行政書士事務所
ラプラージュ綜合法務行政書士事務所のご紹介】
1 個人サービス部門では、遺言・相続手続きサポート、在留資格(ビザ)各種入管への申請、婚前契約書・婚姻契約書ほか契約書作成代行、内容証明郵便、離婚協議、公正証書作成サポートなど法務博士号を所持する行政書士が安価で丁寧なサービスを提供しております(相談は全国対応完全無料で実施)。
2 法人サービス部門では、株式会社、合同会社ほか各種法人の設立手続きから事業計画書作成、融資・補助金・助成金申請サポートなどの創業支援、法務コンサルティングを実施しております。建設業許可申請、介護事業所指定申請、古物・飲食店営業許可などの各種許可、認可の申請代行・サポートも行っています。